スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かまきり

次男が、二学期に初日9/3から、ずっと、通学路(学校の直前で、学校の横を通る)で怖い場所があり、目隠しをしながら登下校する毎日でした。

マラソン大会や鉄棒の授業の時などは、授業に支障が出るくらい・・・怖がって、心配な4ヶ月でした。

何度か「何が怖いの?」と先生も私も聞いたのですが、「言わへん!!」の一点張り。あまり、そのことに意識を向けないで、自然に自分で解決できたらと思いながら過ごしてきました。

ひと月ほど前かな、支援の先生とのやり取りの中で
まーくん「土の中にいる?隠れてる?」と言ったようで、支援の担任が「虫かもしれませんね」とおっしゃっていました。でも、何の虫か?本当に虫なのかも、結局はわかりませんでした。

『暖かく見守ろう』と家庭でも学校でもそういうことで、過剰に反応しないことにしていました。

が、今日、私が帰宅してから急に何が怖いかを教えてくれました。(頑なに「言わへん」と言っていたのに)


カマキリ・・・だそうです。


夏(学童)で男の子たちは虫取りをして、カマキリやセミを捕って虫かごに『良いだろ~(^_^)v』ってな感じで集めていましたが、それが、怖かったようです。
自分のほっぺをチョキで挟んで「カマキリって噛むから」って言いました。

だから、私はまーくんに言いました。今は冬眠中だから、カマキリは居ないよ。それに、夏もたくさんいるわけじゃないから、まーくんは心配しなくて大丈夫。お母さんはカマキリは怖くないから、守ってあげるからね。と言いました。


だからと言って、明日の終業式の登下校で目隠しがなくなるかというと、たぶん、怖い思いをした(もしくは、かまきりが居そうな、そのうっそうとした坂道)その箇所での目隠しがなくなるかというと、たぶんなくならないんじゃないかなと思います。

でも、まーくん本人が『何がつらかったのか』を大人に伝えられたことが大きな成長だと思いますので、長期的な目標(目隠しをしなくても歩いて登校出来る)にしていこうと思います。

2学期の初日から始まったこの行動が、2学期の終わりを迎える前日に理由が判明するって、すごくキリがいい感じです。

あと一日、元気に登下校してね☆

たぶん、忌引き以外は休んでいない長男と、2日だけ微熱で休んだ次男。でも基本は健康に過ごせていました。
健康で学校に行ってくれることは有難いことです。

やはり、早寝を心掛けていることが一番の理由だと、思っています。

もう3年生だと10時くらいに寝る子も居るようですが、うちは一応8時半には二人とも布団に入れて、寝つきの悪い長男でも9時には眠っています。(お薬の力も借りていますが)

健康に不安があるのは、家族では私かな・・・。この話はまた別の機会に。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

月別アーカイブ
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。