スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60点

まーくん、入学して半年がたちました。

4月に1週間、支援クラスで学んだのですが、今は交流クラスで国語や算数もみんなと授業を受けています。

かーくん(1年からずっと国語と算数と書写は支援クラス、理科や社会は交流クラス)の時にはちゃんとわかっていなかった『単元テスト』が交流クラスでは行われているんですね・・・。いや、支援クラスでもされているんです。私が返却されてくるプリントを綴じていましたが、『テスト』だと知らなかった・・・つい最近まで。


なので、まーくんは交流クラスでテストが単元が終わるたびに行われているようです。
点数もだいたい100点や90点と採点されて返ってきていたので(先生がお直しさせたら100点になるんだろう)と、点数を気にしていなかったのです・・・。


ある日、『国語のテストの(表面)読み取りが60点でして・・・(^_^; 書き取り・漢字(裏面)は100点だったのですが、今回のテストでは問題をよまずに答えてしまったようです。1問20点と配点が高くて、2問間違えると60点です・・・。『くじらぐも』という単元の単元テストでした。


『今後の様子を見ていきましょう』とその日の連絡帳にまとめてあったので、次の次の単元くらいから支援で学習する方がいいのかな??なんて思っていましたが、支援&交流の担任の先生と直接お話(三者)でしたら、今年度は支援に行くことはなさそうとのことでした。(今は、交流クラスで過ごすことが本人にとって精神的にも安定していることと、今回トラブルがあった直後に受けたテストで心理的にも穏やかではなかったからかも・・・)という話でした。


『問題文は、ちゃんと、ゆっくり読んだ方がいいよ~。とおっちょこちょいの母が言えるセリフではありませんが。
何でも提出が早いらしいんです。作文とか『サラサラ~』って書いて、いつも一番に提出しちゃうようです。推敲とかはないと思いますし、書き出しが何せ早い!!って交流の担任が言われていました。なかなか書きはじめに悩んで始まらない子が多いそうです。


60点のテスト返しも、そんなにショックを受けることもなく、「なおしたよー(^o^)」って、担任にお直しプリントを持っていったらしいです。ちょっと(だけ)悔しいと思ってくれることを大人(母と先生方)は予想していたのですが、予想は見事に・・・。


家では点数が低いから説教・・・なんてしません。「あら、ここ間違ったんだね。次はがんばろうね」位です。
それも本人に届いたかどうか????


宿題も、家ではお直ししていません。親の私が言うと反発するし、先生に状態を見てもらおうと思って、そのまま提出させています。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。